スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【52日目】ニューグラド砦制圧作戦

2014-06-22_00027.jpg
2014-06-22_00028.jpg
マルカルス周辺の地方名を忘れたとき、フォースウォーンの顔と「そしてリーチの全員だぁ!!」が頭に浮かんで
思い出す人は多いのではないだろうか。

それはともかく、ファルクリース周辺の野営地に向かうように言われた私たちは、一旦モーサル経由にて自宅へ戻り、
自宅の馬車にてリバーウッドへと向かうことにする。
2枚目のサービスカットは我慢できずにモーサルの宿でしてしまったときのものだ。
52日目、スタートです。

2014-06-22_00029.jpg
2014-06-22_00030.jpg
何日かぶりに自分達の家へと戻った私たちは、収穫やアイテム整理をして一日を過ごす。

2014-06-22_00035.jpg
そんなことをしているとすぐに日が暮れてしまった。
今日は自宅でゆっくり過ごし、明日の朝出発することにしよう。

2014-06-22_00036.jpg
「ホワイトランが落ちて今後の戦いも激しくなってくるでしょうしこの機会に私とお揃いにしません?」
夕食もおわり、のんびり過ごしているときの話だ。
リディアは以前手に入れた黒壇の鎧と足を荷物入れから取り出してそんなことを言った。
たしかにホワイトランでの戦いはあの格好ではきつい物があった。
防御力の強化はしておきたいところだし、別に格好についてこだわりがあるわけでもない。

2014-06-22_00037.jpg
私はそうね、と答えると黒壇のよろいを着てみる。
重装のため移動速度は落ちるが、攻撃を受けた際には大きな助けとなる。
もともとドッジがそこまで得意なわけでもないし意外と合っている気がした。

2014-06-22_00038.jpg
荷物入れとマフラーを巻いて準備は完了。
獲物は変わらずこの大槌だ。
スタミナ吸収+確立麻痺は大槌というジャンルときわめて相性がいいし
なによりこの大きさと気骨溢れる見た目が気に入っている。

ついこの前まで、半裸に近い格好でこの大槌を振り下ろしていたことを思い出し
なんだか胸が熱くなった。

2014-06-22_00039.jpg
2014-06-22_00040.jpg
リバーウッド、ヘルゲンを経由して野営地へと向かう。

2014-06-22_00041.jpg
2014-06-22_00042.jpg
2014-06-22_00043.jpg
野営地では既にガルマルが指揮を取っており、南にあるニューグラド砦に向かうように言われた。
何でも既に仲間が何人も捕らえられているらしく、それを開放できれば強力な戦力になるのことだった。
つまり正面からの突撃は厳禁。現地では、牢獄に忍び込むための策が必要になるだろう。

2014-06-22_00044.jpg
現地で他の部隊と合流するとそこには見知った顔、レイロフがいた。
ひとまず、私は周辺を捜索して牢獄へ侵入、
仲間を助け出した後に中庭で畳み掛けようと伝え周辺の探索に移る。

2014-06-22_00045.jpg
裏手には湖がある・・・。
この手の場所には緊急脱出路があることが多い。私は迷わず飛び込んだ。

2014-06-22_00047.jpg
案の定、湖には砦の牢獄に繋がる抜け道があり、私は体の水滴をぬぐうと
仲間を助けるために内部を進む。やがて、助けを呼ぶ声とその周りにいる帝国兵が見えてきた。

2014-06-22_00048.jpg
まずは毒を塗ったダガーで帝国兵をさっさと始末して鍵を入手。

2014-06-22_00049.jpg
仲間を全員救出し終えると、レイロフと約束した中庭へと向かう。
この人数で挟み撃ちにすれば、砦の構造や戦略なんて、もはや関係ない。

2014-06-22_00050.jpg
2014-06-22_00051.jpg
ダガー1本で十分とばかりに奴らに飛び掛り、外はあっという間に殲滅。
後は内部を掃除してお終いだ。

2014-06-22_00052.jpg
内部の掃除にはレイロフが同伴してくれた。
リディア含め3人で片っ端から片付けていく。

2014-06-22_00053.jpg
2014-06-22_00054.jpg
2014-06-22_00055.jpg
暗殺業で鍛えた体術を使えば、ダガー1本で十分。

2014-06-22_00058.jpg
2014-06-22_00059.jpg
砦の全制圧が完了した私は、レイロフたちをここに警備として残し、ウルフリックまで報告をすることにした。

2014-06-22_00060.jpg
砦を去る前に、そういえばと先ほどの宝箱から手に入れた地図を見てみる。
どうにもこれは砦の周りに隠したとされる宝の地図らしい。

2014-06-22_00061.jpg
2014-06-22_00062.jpg
湖を左から回りこんでいくと、金の鉱石と宝箱を発見した。中身はたいしたことなかったが・・・。

2014-06-23_00005.jpg
2014-06-23_00006.jpg
ウィンドヘルムまで戻った私たちはウルフリックに砦制圧の完了を報告。
次に向かう目的地はリーチの野営地とのことだった。

今日はこんなところでおしまい。
次回はリーチでの活動になりそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。