スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【53日目】リーチでの活動

2014-06-23_00007.jpg
リーチにひそかに設けられた野営地へと向かうことになった私達。
普通の馬車は大きな要塞しか連れて行ってくれないので
一旦自宅に帰って、自分の馬車でカースワステンに向かうのがベストだろう。

2014-06-23_00008.jpg
馬車がモーサルについたころにはあたり一面真っ暗。
しかし、自宅が目と鼻の先にあるにもかかわらず、
モーサルで一泊すると言うのもなんだかおかしな話だったので
闇の中、たいまつだけで北へ向かう。

2014-06-23_00009.jpg
2014-06-23_00010.jpg
で、こうなったわけなの。発見したときには手遅れだったわ・・・。

2014-06-23_00012.jpg
2014-06-23_00013.jpg
自宅へと戻った私はウィンドシアを取り出して装備に加える。
大槌とこれでしばらくやっていこう。

94.gif
95.gif
お互い、少し溜まってしまっていたので恥ずかしながらもここで発散する。

2014-06-23_00015.jpg
自宅の馬車でカースワステンへと向かうと、首なしライダーを発見。
うわさに聞いてはいたけど本当にいるとは。

2014-06-23_00016.jpg
2014-06-23_00017.jpg
テントで一泊し、野営地にてガルマルと合流。

2014-06-23_00018.jpg
2014-06-23_00019.jpg
ガルマルの話では、マルカルスに熱心なタロス信者の執政がいるらしく、
その証拠を探して脅せば、有利な情報を得られるのではないかと言うことだった。

2014-06-23_00020.jpg
2014-06-23_00021.jpg
早速マルカルスへと向かうが、レベルも上がったのでこのスキルをあげておくことにする。
片手剣を使っていて、片腕が魔法か素手のときは攻撃速度が上がるというものだ。
ウィンドシアとは大変相性がいい。

2014-06-23_00022.jpg
マルカルスへと到着。

2014-06-26_00001.jpg
タロスのアミュレットは、彼の自室の箪笥に普通にあった。
もっとちゃんと隠しておくべきなのでは・・・。

2014-06-26_00002.jpg
首長と話している彼の近くに行き、アミュレットをちらつかせると
ここではまずいと、自室まで案内された。

2014-06-26_00003.jpg
なるほどなるほど。で、このアミュレットは首長に渡せばいいのかしら?^-^

2014-06-26_00004.jpg
あっという間にこれである。
人間誰しも自分が一番かわいいものだ。

2014-06-26_00005.jpg
2014-06-26_00006.jpg
野営地へと戻り、ガルマルにキャラバンのことを報告。
近くに配備されている斥候と協力して積荷を奪うことになりそうだ。

こんなところで今日はおしまい。
明日はキャラバン襲撃かな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。