スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【57日目】フラーグスタート砦攻略~ソリチュード陥落まで

2014-07-02_00002.jpg
2014-07-02_00003.jpg
引き続き内政干渉を進めていきます。

新しい厨2ネームをいただいたところで、今度はハーフィンガルの野営地へと向かうことに。
ハーフィンガルといえばまさにソリチュードは目の前。決戦のときは近い。

2014-07-02_00005.jpg
ちなみに装備ももらったがなんという似合わなさ。。
すぐにもとの装備へと戻した。

2014-07-02_00006.jpg
2014-07-02_00008.jpg
2014-07-02_00009.jpg
野営地へと赴き、作戦会議。
今度の砦は海に面するフラーグスタート砦だ。

2014-07-02_00013.jpg
集合場所にて仲間と合流し、一気に突撃。

2014-07-02_00017.jpg
なるほど、今回の砦は近づくのが困難なタイプのようだ。
入り口の上にはクロスボウや弓を構えた兵士がわんさかいる。

98.gif
揺ぎ無き力で敵を吹き飛ばし、仲間とともに内部へと入り込む。

99.gif
内部にさえは入れてしまえばもろい砦だ。
壁の上にいる兵士を片っ端から始末して、中庭は仲間に任せる。

2014-07-05_00004.jpg
弓兵の援護さえなければストームクローク兵は単体でも強い。
弓兵を掃除し終えるころには中庭の制圧も終わっており
今回の砦はあっさりと攻略することができた。

2014-07-05_00005.jpg
2014-07-05_00006.jpg
すぐに野営地へと戻り、ガルマルへ報告。
ついにソリチュードでの決戦のときだ。
入り口でウルフリックと兵隊が待っているらしい。

2014-07-05_00007.jpg
ウルフリックの演説があり、感極まった兵士たちが一気に街の中へとなだれ込む。
激戦は必至だ。

2014-07-05_00008.jpg
街は火の海とかし、そこかしこから悲鳴や怒号が聞こえる。
しかし回りを見渡している暇はない。
バリケードを壊して進み、ドール城へと進軍していく。

2014-07-05_00009.jpg
2014-07-05_00012.jpg
2014-07-05_00013.jpg
2014-07-05_00015.jpg
2014-07-05_00018.jpg
次々と襲い繰る帝国兵をあらかた始末すると、私とガルマル、そしてウルフリックは
ドール城内へ。

2014-07-05_00019.jpg
2014-07-05_00020.jpg
2014-07-05_00021.jpg
2014-07-05_00023.jpg
それぞれ思うところはあったようだがテュリウス将軍の死で決着がついた。

2014-07-05_00024.jpg
2014-07-05_00025.jpg
2014-07-05_00026.jpg
感謝の印としてウルフリックからHPドレイン効果のあるデイドラ剣をもらう。

2014-07-05_00027.jpg
2014-07-05_00028.jpg
2014-07-05_00029.jpg
広場でウルフリックの演説が行われ、兵士たちはすぐに復興作業へ。

2014-07-05_00030.jpg
彼らはブルーパレスに向かうと言い、私はここで彼らと別れることになった。
ガルマルの残した最後の言葉が、深く私の心へと響く。
ウルフリックの戦いは、サルモールたちとの決着をつけるまで終わることはないのだろう。

2014-07-05_00031.jpg
家へと戻った私たちは、その日は体を休めるため一泊することにした。

2014-07-05_00032.jpg
100.gif
101.gif
102.gif
長い間戦いにの渦中に身を置いたにもかかわらず、無事に事を済ませられた私たちは
安堵と幸福感に包まれ、眠りにつくまで互いに抱き合った。

2014-07-05_00033.jpg
結局賞金額は消されないようだが、ソリチュードの衛兵がストームクローク兵に代わったことで
衛兵に詰め寄られるようなことはもうなくなった。

これで再びソリチュードの中も自由に歩くことができるようになったわけだが、
本格的に自分の過去を探す前に、まずはホワイトランのあの樹のもとに向かおうと思う。

燃え上がるホワイトランの中で目にしたあの枯れた樹。
あの樹がずっと枯れているのには絶対何かあるはずだ。

戦いの爪あとをそこらじゅうに残してしまったスカイリムへのせめてもの償いとして
街のシンボルともいえるあの樹を助けてやりたい。

こんなところで57日目はおしまい。
次回はホワイトランのあの樹を助けるクエストへと向かいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。