スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【59日目】大学~アイアンバインド墓地~ホワイトラン~ディープウッド要塞

2014-07-05_00098.jpg
エルダーグリーム聖域でスプリガンの呪いを受けてしまった私は、
ウィンターホールド大学を訪れ、解呪の方法を探し当てる。

手がかりは達人レベルの魔法と言うことしか分からなかったが、
ひとまずは魔法の熟練度を上げながら各地を探し回ることにしよう。

59日目スタートです。
2014-07-12_00001.jpg
前回は魔法書を買いあさり、戦術を立てたが、
今回はまずスキルツリーの見直しをする。

一度ソルスセイムに言って片手剣、両手剣のスキルポイントを解除した私は
破壊、変質、回復にそれぞれポイントをふり、
スニークの無音の唱えも習得した。

ルーン系の罠魔法を無音で唱えられるのはかなりありがたい。

2014-07-12_00003.jpg
次に私は、霊体化のシャウト第3語を求めてウィンドヘルムの西にある洞窟を目指す。
すでに2語まで習得しているせいか、大体3語がどこにあるのか体が分かるのだ。

2014-07-12_00004.jpg
しかし、道中にリディアがトロールにレイプされてしまう。
私の火力はぜんぜん役に立たず、リディアをろくにサポートしてやることもできない。
非常に悔しく、歯がゆかった。

2014-07-12_00005.jpg
奇妙なことだが、どうにもこのスプリガンの体部分には付呪ができるようだった。
私はこれ幸いにと破壊呪文強化の付呪をかけておく。

2014-07-12_00006.jpg
2014-07-12_00007.jpg
2014-07-12_00008.jpg
途中で盗賊に襲われることもあったが、霊体化と時間停止のコンボで
無傷に勝利。時間停止はマギカコストがかなり高いが効果は覿面である。

2014-07-12_00009.jpg
2014-07-12_00011.jpg
2014-07-12_00014.jpg
寒さが強くなってきたので一旦宿屋へ。
いつもどおりに事を終わらせて北の洞窟へと向かう。

2014-07-12_00016.jpg
洞窟の入り口にはアルゴニアンと女がいた。
どうにも咲きにこの洞窟へ目をつけていたらしく、協力し、宝は分けようと提案される。

私の目的はシャウトだったので合意して中へと進入した。

2014-07-12_00018.jpg
2014-07-12_00019.jpg
2014-07-12_00021.jpg
中は蜘蛛やドラウグルの巣窟となっていたが、さすがに4人で進むとなると
かなり楽だった。

2014-07-12_00022.jpg
2014-07-12_00024.jpg
しかし、ドラウグルたちの親玉を倒したと思ったところで自体が急変。
いきなりビームジャが襲い掛かってきたのである。

2014-07-12_00025.jpg
当然こうなり、彼の持ち物にあった破壊魔法強化の指輪をありがたく装備させてもらった。
しかし、なんでこいつは2つも指輪を装備できているのだろう。

2014-07-12_00026.jpg
どうやらビームジャに関しては、親のほうが正しかったようだ。

2014-07-12_00027.jpg
2014-07-12_00028.jpg
私のほうはと言うと、無事に霊体化シャウトの第3語を習得し、
これで詠唱の長い魔法も安心である。

2014-07-12_00031.jpg
次に私はホワイトランへと戻り、ダニカに親木の樹液を私に行くことにする。

2014-07-12_00033.jpg
当然と言うかなんというか・・・。
ダニカは私の姿に大変驚いていたが、樹液を受け取って大変喜んでいた。
これであの樹も目を覚まして再び美しい姿を見せてくれることだろう。

しかし、その代償はかなりきつい。
早く元の姿に戻らなければ・・・。

2014-07-12_00034.jpg
そして今度向かうのはディープウッド要塞。
以前の暗殺者ギルドで得た情報、太古の暗殺者の遺体があるという場所だ。

内部はフォースウォーンであふれているらしく、魔術の修行をするにはまさにうってつけだろう。

2014-07-12_00035.jpg
ソリチュードまで馬車で移動した私は南下してストームクロークの野営地へ。
さすがに奇異の目を向けられはしたが、みんなすぐに私が凍てつく何たらの刃??だと
分かったようだ。さすがに内戦の功労者とも呼ばれればそれも当然か。

2014-07-12_00036.jpg
2014-07-12_00037.jpg
2014-07-12_00039.jpg
マーラの目の泉を経由してディープウッド要塞の入り口へとたどり着いた私たちは
早速見張りを掃除。リディアを前衛に、援護して制圧する。

2014-07-12_00040.jpg
内部に入った後も同様の戦法で進んでいくが、
さすがに多人数を相手にするとなると私の火力では援護しきれずにきつい。

2014-07-12_00041.jpg
野蛮人どもに取り囲まれ、

109.gif
2014-07-12_00043.jpg
レイプされてしまった。野蛮人はほんと何でもありだ。

2014-07-12_00046.jpg
そしてついに中庭へと抜けた私たちは、
とんでもないのフォースウォーンたちを目にする。

2014-07-12_00047.jpg
2014-07-12_00048.jpg
2014-07-12_00051.jpg
2014-07-12_00052.jpg
戦略を練りはしたものの、次から次へと援軍が現れて
やっぱりこうなってしまった。

2014-07-12_00056.jpg
逃げたり体勢を立て直したりで
殲滅にずいぶん時間がかかってしまったがようやく内部へと侵入する。

2014-07-12_00057.jpg
2014-07-12_00058.jpg
無事太古の暗殺者を発見し装備を拝借。
3語目の時間停止シャウトも習得してホクホクな私は
親玉のハグレイブンと対峙。
しかし出た先は要塞の外部となっており高所である。

108.gif
当然プッシュでこうなり、戦いはあっけなく決着がつくのであった。

今日はこんなところでおしまい。

次回は守護石での変更後に、ソルスセイムでの冒険が再び始まります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。