スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【71日目】大学~アズラの星~リフテン

2014-07-24_00003.jpg
2014-07-24_00004.jpg
ソルスセイムでの冒険を終えて、スカイリムへと戻ってきた私たちは
スプリガンの呪いを解くために今日も破壊魔法の修行を続ける。

--
ひとまずは、ジャーナルに載っている簡単そうなクエストを処理しながら
熟練度をあげることにします。
ちなみにウィンターホールドに来た際にリディアが行方不明になることがありました。
基本的にフォロワーはエリア移動や、屋内外の移動ではワープするようですが、
いわゆる、引っかかった状態だとそのまま行方不明になってしまうことがあるようです。

えらい探した挙句、大学の扉に挟まっているのを発見したときは
いろいろと脱力しました。
--

それはさておき、71日目、スタートです。
2014-07-24_00005.jpg
2014-07-24_00006.jpg
まず向かうことにしたのは、アズラの祠。
ずっと前からしょっちゅう視線に入っていたこの目立つ像は
このあたりではひときわ異色を放っている。
猛吹雪の中、私たちは祠を目指して登山を開始した。

2014-07-24_00008.jpg
祠には信者が一人居た。
なんでも、アズラの星と呼ばれる秘宝を探しているそうで、
ウィンターホールドに居るエルフの付呪師から情報を探ってきてほしいとのことだった。

修行だけではなく、秘宝も手に入るかもしれないとなればこの機を逃す手はない。
私たちはウィンターホールドまで戻ることにした。

2014-07-24_00011.jpg
2014-07-24_00012.jpg
2014-07-24_00013.jpg
予想外にも、その付呪師というのはネラカーのことだった。
彼はかつて、メイリンヴァレンのもとで研究をしており、
メイリンは病気がゆえに不死の方法を探していたという。
そこで自分の魂を星に入れるという方法を思いついたのだそうだ。

ネラカーが言うには、彼が最後に居たとされるのはイリナルタの深遠と呼ばれる
ファルクリース北の砦だそうだ。

2014-07-25_00001.jpg
2014-07-25_00002.jpg
ファルクリース北の湖沿いに進んでいくと、
水没しかけた砦を発見する。

2014-07-25_00003.jpg
内部はかなり水没しており、いまだにメイリンの弟子たちが
研究を続けているようだった。

2014-07-25_00004.jpg
2014-07-25_00005.jpg
魔術師が二人居たので麻痺で先手を取って始末。

2014-07-25_00006.jpg
リディアもソルスセイムで手に入れた弓をうまく活用しているようだった。

2014-07-25_00007.jpg
2014-07-25_00008.jpg
2014-07-25_00009.jpg
最深部には、いけにえと星、そしてメイリンの白骨死体があった。
私たちは星を手に取り、すぐにウィンターホールドまで戻ることにする

2014-07-25_00010.jpg
2014-07-25_00011.jpg
まずはブリトルシン砦をぬけてホワイトランを目指す。

2014-07-25_00012.jpg
途中でけんかを売ってきた、レッドガードを麻痺で止めて氷で串刺しに。
よく喧嘩を売られる土地である。

2014-07-25_00013.jpg
2014-07-25_00015.jpg
ホワイトランで一泊すると、あの樹が目に入る。
親木の樹液で無事に目覚めて、今は立派に花を咲かせていた。

しかし、ここで私を頭痛が襲う。
この樹と共鳴しているのか、明らかにスプリガンの呪いの影響がここにきて表立ってきた。
もともとこの呪いはあの親木からもらったようなものでもあり、
苗木である以上この樹も私の呪いに影響を与えてしまうらしい。

次第に手足や頭がしびれだし始め、怖くなった私はそのままホワイトランを飛び出した。

2014-07-25_00018.jpg
大して呪いの信仰は早くないと高をくくっていた私だが、
ここにきてようやく事態の深刻さが自覚できてきた。
さきほどの痺れがまったく引かないのだ。

これは単純に一時的なものではなく、呪いが進行してしまったことを意味している。
熟練度はもうすこしで達人の域に達するが、
解呪法に達人の魔法が関係あるというだけで他はまだ何もわかっていない。
早くしなければ、このままじゃ本当にスプリガンへと変えられてしまう。

2014-07-25_00019.jpg
2014-07-25_00020.jpg
星をネラカーの元に持ち返り、メイリンを倒すために星の中へと進入する。

2014-07-25_00023.jpg
2014-07-25_00024.jpg
中にはデイドラ数対と本命のメイリンが。
デイドラとの戦いには苦労したが、幸いにも魔法耐性と、
炎耐性の薬を持ち合わせていたので彼らのファイアーボールは
それほど脅威ではなかった。

メイリンには麻痺の呪文をかけてじっくりと料理させてもらった。

2014-07-25_00025.jpg
2014-07-25_00026.jpg
2014-07-25_00027.jpg
メイリンを倒すと、呪文が崩壊して外へと帰還。
これで星は修復が完了し、一区切りがついた。

2014-07-25_00028.jpg
黒き星は、黒き魂を入れることができ、何回補充しても壊れないという優れものだ。

2014-07-25_00029.jpg
黒き星を手に入れた私たちは、次にリフト周辺へと向かうことにする。
ハイフロスガーに荷物を届けたのにクリメクへの報告を完全に忘れていたり、
シャウトの石碑があるという情報をもらったことがあるからだ。

ひとまずはイヴァルステッドまで馬車で向かうことにする。

2014-07-26_00004.jpg
2014-07-26_00002.jpg
クリメクに報告を終えて、石碑があるというアンガンブルデまでくると、
中には秘宝目当ての女が一人居た。

彼女はこの墓地の鍵を持っているようだったので、
ひとまず協力をして進むことにする。

2014-07-26_00005.jpg
2014-07-26_00006.jpg
しかし協力するとはいっても彼女は鍵を渡して扉の前で待つだけで
戦う気はまったくないようだった。
おかげで私もリディアもデスロードに何度も犯される羽目にあう。

2014-07-26_00007.jpg
2014-07-26_00009.jpg
この墓地でひらめいたのは麻痺+炎の壁のコンボ。
麻痺で絶えず身動きできなくして、炎で燃やし続けるという戦法だ。
とくに体力が高い敵にはマギカが不足することが多いので
こういう削り方のほうが楽なのだ。

124.gif
扉が開いたとたん奥へとダッシュする彼女には死が待ち受けていた。
なんというか、テンプレートである。

2014-07-26_00011.jpg
2014-07-26_00012.jpg
2014-07-26_00013.jpg
ドラゴンプリーストを倒して動物を手なずけるシャウトを獲得。

2014-07-26_00014.jpg
2014-07-26_00015.jpg
一旦所持品の整理をするためにリフテンまで移動。
呪いの進度が高くなってきた私は、大学周辺で修行をする方針へと急遽変更し、
ウィンターホールドまで馬車で戻るのであった。

こんなところで今日はおしまい。
次回は、大学周辺で引き続き修行を行います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。