スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【83日目】ブラックリーチ~ソリチュード~ヴォルキハル城

2014-08-24_00014.jpg
エルダースクロールを手に入れるため、
アルフタンドの地下にある空洞「ブラックリーチ」へと
たどり着いた私達。

83日目、スタートです!!
2014-08-24_00015.jpg
早速、目の前にあった建物の中へ入ってみる。

2014-08-24_00016.jpg
2014-08-24_00018.jpg
中には、シンデリオンと呼ばれる男の遺骨と、
その手記やクリムゾンニルンルートと呼ばれる珍しいニルンルートの亜種があった

骨にドゥーマーの矢が刺さっているところを見ると
おそらくアニムンクリ(オートマトン)に殺されたのであろう。

彼の手記には、クリムゾンニルンルートに関する研究が記されており、
その半ばで倒れてしまったようだ。せっかくなのでこのニルンルートを集めていくことにしよう。

2014-08-24_00019.jpg
2014-08-24_00020.jpg
ニルンルートを集めながらブラックリーチを探索する。
あくまで真の目的はムザークの塔にあるというエルダースクロールだ。

各所にはオートマトンが残されていることから、
ドゥーマーたちはやはりここに住んでいたのだろうか。

2014-08-24_00021.jpg
2014-08-24_00022.jpg
トロールなんかも生息しており、水上歩行などを使って細部まで探索していく。

2014-08-24_00023.jpg
食料が残りわずかで困っていたのだが、
どうやらブラックリーチを流れる川には鮭が生息しているらしい。
ファルメルたちが焼いていたのをいただいた。

2014-08-24_00024.jpg
2014-08-24_00025.jpg
2014-08-24_00026.jpg
2014-08-24_00027.jpg
時々鮭をほおばりつつ、ようやくクリムゾンニンルートを30個採集完了。

2014-08-24_00029.jpg
中央の建物が密集する区画へと足を運ぶ。

天井には輝く球体が吊り下げており、なんだか神秘的な雰囲気だった。

2014-08-24_00030.jpg
2014-08-24_00031.jpg
2014-08-24_00032.jpg
驚いたことに、この区画には人間がいた。
ファルメルの召使として使われているようで、ここで繁殖しているのか
それとも地上からつれてこられたのかは不明である。

彼らはすでにしっかりと調教されてしまっており、
私が近づくと襲い掛かってきたのでやむなく始末した。

2014-08-28_00001.jpg
2014-08-28_00002.jpg
見晴らしのいい場所へと到着。
ここはドゥーマーたちの王が座るところだったのだろうか。
とにかく権力があるものが座る場所であったに違いない。

それにここからだと、あの光球を間近で見ることができる。
なんだかこの球体がやたらときになった私は
つい揺ぎ無き力のシャウトを使って力をぶつけてみる。すると・・・

2014-08-28_00003.jpg
2014-08-28_00004.jpg
2014-08-28_00005.jpg
意外にも、球体は鐘のように大きな音を奏で、ドラゴンが現れたではないか。
ドーンブレイカーでブレスを防ぎつつ彼を始末する。

よくわからないがあの球体はこのためのものなのだろうか。
なぜこんな地下空洞にドラゴンがいたのか見当もつかない。

2014-08-28_00006.jpg
探索がほぼ終了したのでいよいよムザークの塔へ。

2014-08-28_00007.jpg
2014-08-28_00008.jpg
内部にはいつもの良くわからない装置が眠っており、
大変美しいものであった。

さっぱり操作方法がわからないので適当に押していたら
各所の水晶体に光がいきわたり、エルダースクロールが姿を現した。
これで目的はすべて達成!地上へ戻ろう。

2014-08-28_00012.jpg
必要なエルダースクロールは後ひとつだ。
残りはセラーナの母、ヴァレリカが持っているらしいが
彼女の居場所は定かではなく、ヴォルキハル城の庭園に
手がかりがあるのではないかということくらいしかわかっていない。
私は長旅になる事を直感し、念入りに食料を準備する。

2014-08-28_00014.jpg
2014-08-28_00015.jpg
2014-08-28_00016.jpg
日はすでに暮れていたが、海岸には座礁した船の周辺に
賊達のテントがある。彼らを始末して今日はここで一泊することにした。

2014-08-28_00017.jpg
2014-08-28_00018.jpg
翌日早朝、ご飯を食べてヴォルキハル城へ。

2014-08-28_00019.jpg
2014-08-28_00020.jpg
セラーナの話では、城の側面に物資流入用の港があるらしく、
そこから庭園へつながっているらしい。

セラーナに言われて城を見上げる。
私はそのあまりの大きさに圧倒され、身震いを感じた。

しかしそれでも私は侮っていた。
まさか未だにその港に蠢くものたちがいるとは思いもしなかったのだ。

2014-08-28_00021.jpg
2014-08-28_00022.jpg
2014-08-28_00023.jpg
2014-08-28_00024.jpg
155.gif
いきなり背後から矢が体を貫き、私は転倒する。
港の守備を任されていたであろう骸骨たちは、そのまま私に近づくと
私を押し倒して腰を振り始めた。

もちろん骨だけの彼らに肉棒なんてないのだが
なんだかんだで彼らの骨があそこをこすり、
私は何度かイかされてしまった。。

2014-08-29_00002.jpg
2014-08-29_00003.jpg
骨たちを何とか始末して、扉から内部へと侵入する。
入り口周辺は貯水池になっているらしく、セラーナによると
日によってはとんでもないにおいがするらしい。
あまり意外ではないが、やっぱり嫌な場所だ。

2014-08-29_00004.jpg
2014-08-29_00005.jpg
意外なことに貯水池には吸血鬼が一匹住んでおり、
始末した彼女の日誌には城への居住権をもらえなかったことに対する
恨みが綴られていた。あの城は、吸血鬼なら誰でも住めるということではないらしい。

2014-08-29_00006.jpg
貯水池を抜けてさらに先へ。
ここは疑心暗鬼になったファルコンの罠があちこちに仕掛けられているらしく・・・

2014-08-29_00007.jpg
こんな串刺しになった遺体や・・・

2014-08-29_00008.jpg
血まみれのぶら下げられた棘や・・・

156.gif
そしていきなり降り注ぐ骨!
彼らの食い残しである骨が血しぶきをあたりに撒き散らしながら転がってくる。
心臓にも悪いし、こんな場所にとどまっているのはごめんだ。

2014-08-29_00009.jpg
2014-08-29_00010.jpg
2014-08-29_00011.jpg
主といわんばかりのジャイアントスパイダーを始末して扉を開けると、例の庭園へとたどり着く。
セラーナはその荒れ具合にひどく落胆し、辺りを見回した。

2014-08-29_00012.jpg
怪しいのはこの日時計らしい。
クレストがいくつかなくなっており、それを探して
元通りにすれば何らかの手がかりがつかめるかもしれないとのことだった。

2014-08-29_00013.jpg
2014-08-29_00014.jpg
庭園周辺を探し回っていると、突然石造が爆発してガーゴイルが出現した。
私はとっさのことに驚いて固まってしまい奴の薙ぎ払いをよけることができなかったのである。

膝をついた私にガーゴイルがゆっくりと近づいてくる。
まさか・・・元は石造だったにもかかわらず、それは私を地面へと押し倒すと
股を開かせて、その熱く火照る肉棒を私へ挿し込んできたのである。

157.gif
その体格に見合った太い肉棒で、あそこの中をかき混ぜられて私はどうにかなってしまいそうだった。
石造の魔力なのか、この快感をずっと得られるのならもうずっと
このままでもいいかもしれないとまで思ってしまったのである。

このままだと壊れてしまう・・・そう思った私は間一髪彼の手から逃れて始末することに成功。
しかし体には、なんだか切ない感覚が残り続けてしまった。


2014-08-29_00018.jpg
2014-08-29_00019.jpg
ここには何もなかったな・・・。
そう思いながら私は半ば放心状態で煌々と光る暖炉で体液を乾かし、
中庭へと戻る。

2014-08-29_00020.jpg
2014-08-29_00021.jpg
2014-08-29_00022.jpg
実は建物内部ではなく、庭園に転がっていたクレストを集めると、私は
それぞれを元の位置へと戻す。

158.gif
2014-08-29_00023.jpg
すると、突然日時計が動き始め、階段が姿を現したではないか。
私とセラーナは覚悟を決めて、その先へと進むのであった。

こんなところで今日はおしまい!
次回は、道を阻む強力な敵たちとの壮絶な死闘が繰り広げられます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。