スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【86日目】ウィンターホールド大学~ドーンガード砦~先人の湿地~ダークフォール洞窟

2014-08-30_00014.jpg
無事2つのエルダースクロールを手に入れてソウルケルンから
戻った私は大学へと足を運ぶ。
狙いはもちろん、魔法書の購入だ。

86日目、スタートです。
説明が遅れてしまってけど、まずはグレーターテレポート。
これは球体を飛ばして、それがあたった場所にワープができるというもの。

距離に制限はなく、とりあえず今目に見えている場所なら
どこでも飛ぶことができる便利な魔法だ。

もちろん変な場所に当てたら落下死もありえるので気をつける必要はあるが
移動に緊急回避と、非常に便利な魔法である。

2014-08-30_00015.jpg
そして今度はレイポータル。
ポータルを設置して、再度詠唱するとその場所までテレポートができるというもの。

場所や時間の制限もなく、たとえば大学のどこかに設置しておくことで、
スカイリムのどこに居ても大学に戻ることができるのである。
FT禁止のたびではもはやチート級であるが、そもそも従者は置き去りなので
使う予定は今のところない・・・。

一人旅ならとても便利なのになぁ。でもさびしい思いをするのはもう嫌だし。

一通りの魔術書購入が終わったところで、セプティマスのところへ向かう。
はずだったのだが・・・

166.gif
セラーナを置き去りにして、フェザーフォール(落下ダメージ無効化)を発動させて
大学から直接下へ降りたのが運のつき。

すごい大きさの熊がすごい速さで近づいてくるのに私は対応ができず
そのまま熊と子作りをすることになってしまった。

167.gif
ガーゴイル以上の肉棒でかき混ぜられて、私はヴァルキハル城でのトラウマを
思い出すとともに、嬌声を上げて一緒に腰を振ってしまっていた。

もうあの件で完全に体を開発されてしまっている私は抗うことなどできずに
ただただ快感にその身をゆだねていた。

168.gif
激しくかき混ぜられて意識が飛びそうになる。
こうなってしまうともう止められない。
完全に快感の虜になってしまっている。

169.gif
セラーナが駆けつけたときには私は熊と一緒に何度も絶頂する肉人形と化していた。

今回も何とかセラーナに助けてもらえたから良かったものの、
あの一件で私の体はすっかりおかしくなってしまった。

意思に反してとはまさにこのことである。
変性呪文をマスターした暁には、記憶だけではなくこの体も元に戻す必要があるかもしれない。

2014-08-30_00019.jpg
セプティマスに辞書を渡し、ドゥーマーの血を再現するために5種族の血を集めてくるように言われる。
旅の合間にちょくちょく集めることにでもしよう。

2014-08-30_00020.jpg
帰り際に、ハルメアスモラというデイドラに遭遇する。
彼はミラークを倒して以来・・・といっていたが、ミラークといえば、リディアいわく記憶を失う前の私が
倒したドラゴンプリーストの名前だ。

何か手がかりが得られるかもしれないと思い、彼にいろいろ訪ねようとはしたものの
すぐに消えてしまった。

2014-08-30_00021.jpg
胸にもやもやを残しながら私はセプティマスの隠れ家を後にする。
書が2つ揃った今、次に向かうのはドーンガード砦だ。

2014-08-31_00020.jpg
2014-09-05_00001.jpg
砦に到着すると、かなり厳重になった姿を目にすることになる。
人(避難民?)も増えて、だいぶにぎやかになってきた。

2014-09-05_00002.jpg
2014-09-05_00004.jpg
早速デキソンにエルダースクロールを読んでもらおうとするのだが
なんだか様子がおかしい。

なんと彼は、好奇心に負けて準備を怠り、先の朗読で失明してしまったというのだ。

途方にくれる私たちに、彼は先人の湿地と言う儀式の洞窟を教える。

2014-09-05_00006.jpg
私たちは藁にもすがる思いで洞窟を目指すことにする。

2014-09-05_00007.jpg
2014-09-05_00008.jpg
2014-09-05_00009.jpg
リフテンからファルクリースまで馬車で移動して先人の湿地へ到着。
うまくいくといいのだが・・・

2014-09-05_00010.jpg
だが、中ではすぐに行き止まりにぶつかり、さすがにセラーナもイライラし始める。

2014-09-05_00012.jpg
2014-09-05_00013.jpg
2014-09-05_00014.jpg
しかし、よく探すとちゃんと先へ通じる道があり、その中はまさに絶景であった。
私は中央に飾られているドローナイフを取り、
デキソンに言われたとおり、樹の皮をはぐことにする。

170.gif
ゴリゴリ皮をはぐと、樹から樹液が染み出して、独特のにおいが私にまとわりつく。
これで、聖蚕を呼び寄せることができるだろう。

2014-09-05_00017.jpg
2014-09-05_00020.jpg
2014-09-05_00021.jpg
2014-09-05_00027.jpg
聖蚕たちを集めて、エルダースクロールを開くと、
本当に書を読み解くことができた。
各書は、アーリエルの弓の位置を教えてくれ、そこに通じる洞窟の位置まではっきりと知ることができた。

2014-09-05_00029.jpg
2014-09-05_00033.jpg
その後は同時にここをかぎつけた吸血鬼どもを返り討ちにして洞窟を脱出。

2014-09-05_00035.jpg
その後はファルクリース、ヘルゲン、リバーウッドを経由して
ホワイトランの馬車よりソリチュードへ。
長旅になりそうなので、しっかりと食料と水を確保。

2014-09-06_00001.jpg
一泊させてもらったストームクロークの野営地では、
馬が熊を返り討ちにする姿が。
スカイリムの馬は、足は速くないが逞しい。

2014-09-06_00002.jpg
2014-09-06_00003.jpg
2014-09-06_00004.jpg
その後はシーフを返り討ちにしながらダークフォール洞くつへと向かう私達。
また、寒さに備えて薪もいくつか用意した。

2014-09-06_00005.jpg
とりあえず24本。回数にして4回分といったところか。

2014-09-06_00006.jpg
2014-09-06_00010.jpg
ダークフォール洞窟へ到着。
さぁ・・・長旅の始まりだ。

2014-09-06_00011.jpg
中はいつもと変わらない普通の洞窟。

171.gif
だと思っていたのが甘かった。

2014-09-06_00013.jpg
2014-09-06_00015.jpg
落下して運よく着水した私たちは、押し寄せる蜘蛛どもをばったばったとなぎ倒しながら
先を進んでいく。帰り道は大丈夫なのだろうか・・・。

2014-09-06_00018.jpg
2014-09-06_00019.jpg
ある程度進むと、死体と手紙を発見。
ここで生活しようとしたようだが、トロールにやられてしまったようだ。

2014-09-06_00020.jpg
2014-09-06_00021.jpg
先に進むとトロールたちと、人骨を発見。
これはあれか・・・おそらく本来なら手紙の受け取り主になったであろう人物か。
容赦ないな・・・。

2014-09-06_00022.jpg
2014-09-06_00023.jpg
2014-09-06_00024.jpg
さらに奥へ進むと人影を発見。あまりに白いのでトロールかと一瞬思ったが
あろうことかまさかのスノーエルフであった。
スノーエルフといえば、いまやファルメルと化してしまったことで有名である。
まさか生き残りがいるとは・・・。

彼はアーリエルの最高司祭、ヴィルスールという兄弟を殺してほしいと私に告げる。
なんでも、聖堂がファルメルによって襲撃された際におかしくなってしまったらしい。
そして、アーリエルの弓は聖堂にあるということから、戦いを余儀なくされることが
安易に予想できた私は、彼の依頼を引き受けることにする。

172.gif
2014-09-06_00027.jpg
2014-09-06_00028.jpg
すると、彼は魔法で祠を出現させて、最奥聖域までの行き方の説明を始める。
最奥聖域へ行くためには、水差しを持って5つある祠を周り、水を汲む必要があるらしい。

アーリエルの聖堂の扉はその汲んだ水を使うことであけることができるそうだ。
地味にめんどくさいがやむを得まい。

2014-09-06_00031.jpg
2014-09-06_00033.jpg
そして私は、ずっと胸のうちに秘めていた、ファルメルとスノーエルフの関係を彼に問う。

彼が語ってくれた話では、かつてスカイリムで暮らしていたスノーエルフと、
スカイリムを自分たちの土地であると主張するノルドとで絶え間ない戦闘が繰り広げられていたという。

戦いで劣勢となったスノーエルフたちは、ドゥーマーに助けを求める。
彼らは意外にもそれを承諾するが、代償として法外な要求をしてきたというのだ。
彼らの要求はスノーエルフたちから光を奪うことだったという。
こうして彼らはかろうじて生き延びることができたが、大きな代償を払うことになってしまった。
彼は条件締結の際に近くの土地に居なかったことから失明させられるのを逃れることができたらしい。

ここまでを述べて彼は疑問を口にする。
ドゥーマーが目から光を奪うために与えたのは毒のはずで
ファルメルのような醜い姿にまで変わってしまうはずがないというのだ。

この疑問は先へ進むことで明らかになるのかもしれない。

2014-09-06_00035.jpg
2014-09-06_00036.jpg
2014-09-06_00037.jpg
2014-09-06_00038.jpg
2014-09-06_00039.jpg
2014-09-06_00040.jpg
ポータルを抜けて、洞窟を進んでいく。
この洞窟特有と思われる植物や、ファルメル、シャウラスらの巣窟となっていた。

2014-09-06_00041.jpg
173.gif
あれほど突っ込むなといっているのにセラーナが突撃して種付けされる場面も・・・
奴らは目が見えない分音に敏感だから慎重に進むように言っているのだが
どうにも性に合わないようだ。

2014-09-06_00042.jpg
2014-09-06_00043.jpg
また、シャウラスの甲殻を生かしたテントや、下から上まで串刺しにされた遺骨など
彼らの残虐性や文化をいろいろと垣間見ることができた。

2014-09-06_00044.jpg
174.gif
しかしのめり込んで見ていたのが運のつき、私たちは背後から迫ってくるファルメル達に気がつかなかった。
私は膝をつかされてあっという間に服を剥ぎ取られると、
そのまま股を広げさせられて種付けをされてしまう。

2014-09-06_00045.jpg
2014-09-06_00046.jpg
175.gif
同じく膝をついたセラーナも当然例外ではなく、私たちは仲良く犯されてしまうのであった。

2014-09-06_00048.jpg
彼らを始末して脱出したとき、ようやく変性の熟練度が100まで到達した。
これで記憶を安全に操作して呼び戻すことができるだろう。
もう渡し個人の目的は達成できたといっていいが、
熟練度をあげるためとはいえ、こんな大掛かりな戦局に巻き込まれてしまった以上
最後までやりとおすのが筋というものだ。

私はそう決意し、さらに洞窟を進んでいく。

2014-09-06_00047.jpg
2014-09-06_00050.jpg
奥に進むにつれて、洞窟は幻想的になっていく。

2014-09-06_00051.jpg
176.gif
わずかに発行する獣たちや、近づくと強烈な毒ガスを放つ錬金材料など
本当に貴重な生物たちがいっぱいである。

2014-09-06_00052.jpg
2014-09-06_00054.jpg
水を汲んでポータルをくぐり、ついに忘れられた谷へと到着。
この谷のどこかに、アーリエルの聖堂、そして弓が眠っているに違いない。

こんなところで今日はおしまい。
次回は忘れられた谷を探索していきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。