スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【88日目】スカイリム~自宅~ドーンガード砦~ヴォルキハル城、そして自宅

2014-09-15_00001.jpg
無事にアーリエルの弓を手に入れて戻った私は一旦自宅まで戻って
荷物整理をすることにする。

ついに吸血鬼との戦いも今日で決着!!88日目、スタートです!!
2014-09-15_00002.jpg
2014-09-15_00003.jpg
2014-09-15_00004.jpg
自宅へ戻り、荷物整理をした私は馬車に揺られてイヴァルステッドへと向かう。
エルダースクロールを手に入れるためにブラックリーチまで言った際に集めた
クリムゾンニルンルートを弟子に渡しておこうと思ったからだ。

幸い弟子の住処はリフテンへ向かう道中にある。

2014-09-15_00007.jpg
2014-09-15_00008.jpg
弟子にクリムゾンニルンルートを渡し、研究の足しにしてもらう。
そのお礼として、シンデリオンが書いたとされる著書と、特殊な能力をもらうことができた。

25%とはいえ、複製することができるのはなかなかうれしい。

2014-09-15_00009.jpg
ドーンガード砦付近では、吸血鬼の偵察兵にセラーナがつかまって
陵辱されてしまう。

2014-09-15_00013.jpg
2014-09-15_00015.jpg
すぐに偵察兵は始末したが、セラーナは傷心気味で姿まで隠してしまっている。

2014-09-15_00016.jpg
砦へ帰還。

2014-09-15_00017.jpg
2014-09-15_00018.jpg
すぐにイスランへアーリエルの弓を手に入れたことを伝えると、
彼は兵士たちを集めだす。

2014-09-15_00019.jpg
2014-09-15_00020.jpg
2014-09-15_00021.jpg
演説が終わると、みんなはデキソンを残してヴォルキハル城へと向かう。
しばらくデキソンは寂しい思いをすることになるな・・・。

2014-09-15_00022.jpg
2014-09-15_00023.jpg
2014-09-15_00024.jpg
リフテンの馬車でソリチュードへと向かい、
いつものルートでヴォルキハル城まで向かう。

2014-09-15_00025.jpg
2014-09-15_00026.jpg
懲りずに難破船付近をまた根城にしている賊共を始末して一泊。
ここは、非常に便利なロケーションだ。

2014-09-15_00028.jpg
2014-09-15_00029.jpg
翌朝にも賊に襲われたが、時間減速を使って間一髪で矢を回避する。
その後は感電させておしまい。

2014-09-15_00031.jpg
2014-09-15_00032.jpg
ヴォルキハル城へ到着!
みんな準備万端といった面持ちで準備運動をしている。

2014-09-15_00033.jpg
まずは城門前での戦い。
ガーゴイルや尖兵たちと戦闘になる。

2014-09-17_00003.jpg
次は内部の掃討。
数的には吸血鬼側に分があるように見えたが、
そこはさすがのドーンガード。吸血鬼特化の装備や魔法を駆使して
ヴァンパイアドッグや吸血鬼を始末していく。

私もここぞとばかりにヘルブレスを連射。
吸血鬼たちを一掃した。

2014-09-17_00004.jpg
血の滴るタルや、骨が散乱する牢屋など、
とても理解できない光景をいくつも目にすることとなる。
やはり、吸血鬼と人間では到底理解しあうことなど無理なのだろう。
しかしセラーナには嫌悪感を覚えない。それは彼女が我慢しているからなのか。
それとも・・・。

2014-09-17_00005.jpg
頭の中の雑念を振り払って私達は、ハルコンの待つ最深部へと入る。

2014-09-17_00006.jpg
ペットというのは私のことだろうか。相変わらずの高慢な父親だ。

2014-09-17_00007.jpg
2014-09-17_00008.jpg
話が終わり最後の決戦が始まる。
奴自体の魔力はたいしたことはないが、特有のオーラーによる防御は
非常に厄介だ。しかし私はアーリエルの弓のことを思い出す。
矢によって光にも闇にもなりうるその特性。

太陽を隠すというその独特の能力にばかり目がいっていた私だが
その反対の光を試してみる価値は十分にあった。

2014-09-17_00009.jpg
私はスノーエルフの彼に作ってもらった光の矢をつがえて弦を引く。

181.gif
放たれた矢はオーラに阻まれることなく彼の防壁を撃ち抜いて無効化した。
彼は驚愕し信じられないといった顔をする。
闇の能力にばかり目がいっていたのは彼も同じことだったらしい。

182_2014091712194053b.gif
すかさず撃ち込んだヘルブレスによってついに彼は倒れた。
死ぬときまで派手なのが彼らしい。

2014-09-17_00010.jpg
戦いが終わりひと段落すると、セラーナから話があり、今後はドーンガード砦に残って
彼らドーンガードの手助けをする事を私に告げる。
吸血鬼である彼女の助言はきっと彼らの役に立つことだろう。

2014-09-17_00011.jpg
また、ドーンガードは弓を守ることに重きを置くことにするそうだ。
僧灰っても弓は私の家に置きっぱなしか、持ち歩くことになるので
どちらかというと守るのは私になるような気がしないわけでもない。

2014-09-17_00012.jpg
2014-09-17_00013.jpg
ハルコンの遺灰からは珍しいアイテムがいくつか手に入った。

2014-09-17_00014.jpg
実の父が死んだことで、悲しみを隠しているのかと思われたセラーナだったが
ちゃんと自分なりの考えをまとめて行動していたようだ。
これなら今後も問題はないだろう。

2014-09-17_00015.jpg
2014-09-17_00016.jpg
2014-09-17_00017.jpg
2014-09-17_00018.jpg
2014-09-17_00019.jpg
こうして私は彼らとヴォルキハル城で別れ、自分の家へと戻ったのであった。

こんなところで今日はおしまい。
次回はいよいよ魔術探求編最終日です。
記憶を取り戻したその後は女子高生編(記憶統合後)を少々進め、
次は野獣編に進みたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

〉骨が産卵
 そんなクリーチャー居たっけ?何かのMOD?
 と一瞬思ってしまった。誤字ですね。

Re: No title

> 〉骨が産卵
>  そんなクリーチャー居たっけ?何かのMOD?
>  と一瞬思ってしまった。誤字ですね。

ご指摘ありがとうございます(汗
登校するまであまり文章を読み直したりする事がないので
このブログは誤字がかなり大目です^^;

骨が産卵とか恐怖の世界ですね・・・
プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。