スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【102日目】血の儀式

2014-10-31_00056.jpg
月の影響でウェアウルフへと変わってしまい、散々ホワイトラン周辺を荒らしまわったわたし達。
一旦アイテム整理をするために再びホワイトランへと向かい、アエラに害虫駆除官僚の報告をします。

102日目、スタートです。

2014-10-31_00057.jpg
しかしその途中、なにやら戦闘音が・・・。
近づいてみると、シルバーハンドとウェアベアーが戦っているではありませんか。

2014-10-31_00058.jpg
212.gif
2014-10-31_00062.jpg
すかさず戦闘に加わる私たちでしたが、ウェアベアとシルバーハンドの両方から狙われるという
オチになり、速攻でリディアちゃんがレイプされてしまいました。

2014-10-31_00063.jpg
2014-10-31_00064.jpg
ホワイトランまで戻った私たちは、いらないものをとりあえず売っていろいろとお店を見て回ることに。
ベレソアの雑貨店では、珍しい武器が入荷されていたのでリディアちゃんに購入してあげました。

2014-10-31_00066.jpg
2014-10-31_00068.jpg
アエラに任務の報告をすると、スコールさんが私たちに話があるといいます。
彼は夜にアンダーフォージという場所で会おうといい、そのまま立ち去ってしまいました。

2014-10-31_00070.jpg
夜に待ち合わせとなると変身にだけは気をつけなければいけません。
ここで変身してしまったら、おそらくいつも通りに理性を失い、
感染でウェアウルフになった「にわか」であることがばれてしまいます。
そんなことになれば、伝統や儀式を重んじる彼らは間違いなくわたしを追放することでしょう。

2014-10-31_00071.jpg
変身しないことを祈りながらスコールとの待ち合わせの場所へ。
彼がスイッチを押すと、なんと隠されていた岩の扉が動き始めました。
どうやらここは一部の団員しか知らない場所のようで
いよいよ核心に迫ってきた感じがします。

2014-10-31_00074.jpg
そして中には、ウェアウルフと化したアエラが佇んでいました。
むやみに襲ってこないところを見る限りでは、おそらく理性は残っているのでしょう。

2014-10-31_00075.jpg
2014-10-31_00076.jpg
彼らはわたしにアエラの血を飲むように迫り、わたしは動揺をしながらも承諾します。

2014-10-31_00077.jpg
2014-10-31_00078.jpg
感染した状態で、儀式をしたらどうなるのかなんて見当もつきません。
しかしここで断ればおそらく二度と彼らは気を許してはくれないでしょう。
そんなことになったら元の体に戻るための情報など、夢のまた夢です。

わたしは意を決してなみなみと注がれたその血を口に含みます。

2014-10-31_00079.jpg
獣くさい、しかしそれでいて濃厚な味を感じるとともに
わたしは完全に気を失ってしまいました。

2014-10-31_00080.jpg
2014-10-31_00081.jpg
2014-10-31_00082.jpg
理性を失った私はホワイトランで一通り暴れまわり・・・

2014-10-31_00083.jpg
気がつくと全裸で森の中にいました。
もう戻らないんじゃないかと思っていた。そんな事をアエラにいわれてドキッとします。
理性を保っていられないことがばれてしまったと思ったからです。
しかし最初の(最初じゃないけど・・・)変身で理性を失ってしまうことは多々あるらしく
感染の件はバレずにすんだようです。

2014-10-31_00084.jpg
2014-10-31_00085.jpg
どうやったのかは分かりませんが、アエラさんは理性を失ったわたしを誘導して、
このギャロウズロックという砦の前までつれてきたそうです。
なんでもここにはシルバーハンドが住んでいて、スコールさんがすでに斥候に行っているとか・・・。

2014-10-31_00086.jpg
服を着る間もなく、私は夜空の月を見上げてはっとします。

2014-10-31_00087.jpg
2014-10-31_00088.jpg
わたしとリディアちゃんは、また有無を言わさずウェアウルフへと変わってしまいますが
アエラさんはやはり儀式経由なだけあって、強制で変身させられる事はないようでしたが、
おっやる気ね、なんてそんな事を言って彼女もまた変身してしまいます。

2014-10-31_00089.jpg
しかし不思議なことに、今回私たちは理性をかろうじて保つことができました。
もちろん獲物がいれば衝動は抑えきれずに襲ってしまうことでしょうが
何とか自分の足で歩き、体を動かすことはできます。

2014-10-31_00091.jpg
てっきり血を飲んだからかな、とも思いましたがリディアちゃんもわたしと同じように
理性を保てていることから何か違う気がします。

これはアエラさんのカリスマ性というものなのかもしれません。
理性を失ったわたしをここまで連れてきたのも彼女だといいますし、
何か、群れを統率するような、特別な力があるのかもしれません。

2014-10-31_00090.jpg
いよいよ我慢のできなくなった私たちはギャロウズロックへ。

2014-10-31_00093.jpg
2014-10-31_00094.jpg
2014-10-31_00095.jpg
2014-10-31_00096.jpg
哀れな見張りを切り裂いて、一人残らず骨へと変えます。

2014-10-31_00097.jpg
2014-10-31_00098.jpg
そしてその次は内部へ・・・

2014-10-31_00099.jpg
2014-10-31_00100.jpg
ウェアウルフ3匹相手に一体どうやって勝てというのでしょうか。
彼らも同じく即座に食料へと変わります。

2014-10-31_00101.jpg
また、部屋の隅には吊るされたウェアウルフの死体もありました。
アエラさんは臭いで仲間かどうか分かるらしく、この死体は
スコールさんでも誰か仲間でもないということでした。

完全に自我を失って動物と区別がつかなくなってしまう者(これがまさに感染症状の末期なのでしょう)も
珍しくはないらしく、情けは無用、と彼女は言い捨てます。

わたし達の最後ってこんなのかしら・・・。ふと脳裏に映った光景を振り払って
私たちはさらに先へと進みます。

2014-10-31_00102.jpg
2014-10-31_00103.jpg
2014-10-31_00107.jpg
2014-10-31_00108.jpg
2014-10-31_00109.jpg
2014-10-31_00110.jpg
奥まで到達して獲物全員を倒した後、
わたし達はスコールさんの朽ち果てた姿を目にすることになります。
やはりウェアウルフといえどもこの数を相手に一人ではきつかったのでしょう。

2014-10-31_00112.jpg
アエラさんは砦の中をもう少し探索するといい、
わたし達に次の任務を与えました。

とある砦のシルバーハンドたちから、計画書を奪取してこいという任務です。

2014-10-31_00113.jpg
2014-10-31_00114.jpg
タイミングよく人間の姿へと戻り、承諾したわたし達は、
スコールさんの遺体に手を合わせ、冥福を祈ってから砦を後にします。

ウェアウルフでの戦いも大分なれたもので、戦闘時には同属のウェアウルフを
呼び寄せる事ができるようにまでなっていました。

2014-10-31_00115.jpg
しかし、能力が上がるにつれ、感染症状がどんどん体を蝕んでいくことも分かります。
絶対あんな最後になんてなるものですか、そう決意を新たにして
わたし達は次の目的地へと向かうのでした。

こんなところで今日はおしまい!
次回はすぐそこの塔で計画書を手に入れて、ホワイトランまで戻ります!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。