スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【106日目】死と道筋

2014-11-15_00111.jpg
2014-11-15_00112.jpg
ついに罪のない村人まで手にかけてしまった。。
いずれは訪れるであろうと分かってはいても、やはり冷静ではいられません。

わたし達はコドラクさんに頼まれて取ってきた魔女たちの首を見つめます。
早く治さないと、わたし達は本当に、どうにかなってしまいそうでした。

107日目、スタートです。
2014-11-15_00113.jpg
ジョルバスクルまで来ると、なにやら不穏な空気・・・。

2014-11-15_00114.jpg
2014-11-15_00116.jpg
話によるとジョルバスクルをシルバーハンドが襲撃したとのこと。
大半は返り討ちにしたそうですが、数名は逃がしてしまったそうです。

わたしの頭の中を嫌な予感が駆け抜けます。
わたし達は急いでジョルバスクルの中へ。コドラクさんのもとへ・・・。

2014-11-23_00001.jpg
2014-11-23_00002.jpg
しかし嫌な予感は当たるもの・・・。
中に入って早々、ヴィルカスさんに彼の死を告げられてしまいます。

2014-11-23_00004.jpg
彼の遺体を見つけ、頭が真っ白になるわたし達。
彼は魔女たちの首を持ってこいとは言ったけれど、
具体的な治し方は何一つしゃべってはくれませんでした。

こんな首を、一体、どこへ、そしてどうしろというのでしょうか。

2014-11-23_00005.jpg
シルバーハンドたちとの戦いは熾烈を極めたらしく、他にも大勢の負傷者が出ているようでした。

ヴィルカスさんはウースラドの欠片もすべて持ち去られてしまったことを語り、
ドリフトシェイドの隠れ家と呼ばれる彼らの拠点を襲撃する必要があると述べます。

いまさらウースラドの欠片なんて集めて何になるのか・・・。
私はそう思いましたがひとつ返事にOKと答えました。

2014-11-23_00006.jpg
私達の気持ちとは裏腹に、太陽は爛々と輝いています。

・・・そういえば髪伸びたなぁ・・・。
シロディールを旅立って、思えばずいぶん遠くまで来てしまったように感じます。

2014-11-23_00007.jpg
2014-11-23_00009.jpg
今までは髪が伸びても毎回丁寧に切って揃えていましたが、
今回はそのまま左右を結んで肩におろすことにしました。

時間がない、というのもそうですが、この切羽詰った今の状況を変えるためには
少しでも今の自分を変えなければいけないと、無意識に感じていたからかもしれません。

2014-11-23_00010.jpg
2014-11-23_00011.jpg
2014-11-23_00013.jpg
雑貨屋でリディアちゃんに盾を購入し、いざドリフトシェイドの隠れ家へと向かおうとしたその時でした。
やたらとがたいがよく、黒檀の装備に身を固めた男の人に呼び止められます。

2014-11-23_00014.jpg
2014-11-23_00016.jpg
2014-11-23_00015.jpg
彼は、もうやることはすべてやった、後はもうお前だけだ、などとよくわからないことを話し、
最後の見張り場所で待つと言い残していってしまいました。

2014-11-23_00017.jpg
このたたずまいに振る舞いを見て、只者でないのは一目瞭然でしたが
いまはこんなことに付き合っている暇はありません。
私は適当に応対すると、そのままホワイトランの門を抜けました。

2014-11-23_00018.jpg
2014-11-23_00019.jpg
2014-11-23_00020.jpg
2014-11-23_00021.jpg
2014-11-23_00022.jpg
2014-11-23_00023.jpg
わたし達は、はるか北にあるドリフトシェイドの隠れ家を目指し、ようやくたどり着きます。
建物の屋上に腰掛けるシルバーハンドが一人・・・。

2014-11-23_00024.jpg
2014-11-23_00025.jpg
弦を限界まで引き絞り、必殺の一撃で見張りを始末します。

2014-11-23_00026.jpg
2014-11-23_00027.jpg
2014-11-23_00028.jpg
2014-11-23_00029.jpg
2014-11-23_00031.jpg
内部ではシルバーハンドたちとの激戦が繰り広げられましたが、
無様にも私は不覚を取り、レイプされてしまいます。

2014-11-23_00032.jpg
2014-11-23_00033.jpg
2014-11-23_00034.jpg
何度かイかされてしまったところでヴィルカスさんたちに助けられますが
毎度のことながらひどい有様・・・。

しかし今はこんなことを気にしている場合ではありません。
自責の念を振り切ってわたし達は先へと進みます。

2014-11-23_00035.jpg
2014-11-23_00036.jpg
途中では、シルバーハンドたちの実験台だったのか、一匹のウェアウルフが檻にとらわれていました。
ヴィルカスさん曰く、完全に理性を失ったウェアウルフだそうで、その目は真っ赤に染まり、
人間の面影はもはや微塵も感じられません。

2014-11-23_00037.jpg
私はなんだか見るに耐えなくなって、そのウェアウルフを眠らせてあげることにしました。
もっと痛くない方法があればいいのだけれど、そんな都合のいいものは持ち合わせていません・・。

2014-11-23_00038.jpg
2014-11-23_00039.jpg
2014-11-23_00041.jpg
2014-11-23_00043.jpg
その後はシルバーハンド達を全員倒し、ウースラドの欠片をすべて取り戻す事ができました。

2014-11-23_00047.jpg
2014-11-23_00048.jpg
また、戦闘中やたらと肩におろした髪が気になったので、私は後ろでひとつにまとめることにしました。
しばらくはこのまま過ごすことします。

2014-11-23_00050.jpg
2014-11-23_00051.jpg
2014-11-23_00052.jpg
2014-11-23_00053.jpg
2014-11-23_00054.jpg
2014-11-23_00055.jpg
ホワイトランまで戻った私たちは、コドラクさんの見送りを終え、
エオルンドさんからとある彼の遺品を持ってきてくれるように頼まれます。

2014-11-23_00056.jpg
2014-11-23_00057.jpg
2014-11-23_00058.jpg
彼の部屋で見つかったのは、ウースラドの欠片と、彼の手記。
私はすぐに彼の手記を読み漁りましたが、病気を治す手がかりはここにもありませんでした。

2014-11-23_00059.jpg
コドラクさんに欠片を渡し、アンダーフォージに向かうように言われたところで今日はおしまい。

次回は、サークルのメンバーが集うアンダーフォージへと向かいます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イメチェン!

ポニーテール万歳ヽ(^0^)ノ

「徐々に完全なウェアウルフになっていく」という設定のおかげで、見慣れたクエストながら緊張感が有ります。年末で大変でしょうが、更新頑張ってください!

Re: No title

こんにちは!
最近勝手な設定をつけまくって
凄いことになっちゃってますが
お楽しみ頂ければ幸いです(*^^*)
プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。