スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録2【145日目】ヒトの終わり

2015-06-07_00039.jpg
2015-06-07_00040.jpg
洞窟でフルートとバレンジアの石を無事見つけることのできた私は、
一旦アイテム整理をするためにおうちに寄ってから次の石があるとされるソリチュードへと向かいます。

145日目、スタートです。


2015-06-07_00041.jpg
2015-06-07_00042.jpg
家に着くと、ちょうどリディアちゃんが調査に出かけるところでした。
私がこんなことになっている間にもしっかり調べていてくれるリディアちゃん・・・。
私は彼女を見送り家の中へと入ります。

2015-06-07_00043.jpg
2015-06-07_00044.jpg
必要のない荷物をしまい整理していると、なつかしや、ミラーク()の遺品がちらほらと目に入ります。
以前は波立つ触手を見るや否や宝箱にぶち込んでいた私でしたが、
今はどういうことなのか、この2つの武器にぽ~っと惹かれてしまいました。
やっぱりこのサキュバスの体が私の好みにまで影響を与えているのでしょうか。
私は剣と杖をリュックにしまい、家を後にします。

2015-06-08_00001.jpg
ソリチュードへと到着!
早速フルートを返しに詩人大学へと向かいます。

2015-06-10_00001.jpg
パンテアさんにフルートを返して、お礼にいろいろな技術を教えてもらいながら
私はだめもとでバレンジアの石・・・その、奇妙な石がないかをたずねて見ます。

2015-06-10_00004.jpg
彼女は少し考え込むと、
「私のではないけど・・・。以前友人がそのような石の話をしているのを聞いた事があるわ。たしか2つあるって・・・」
と言いました。
なんと2つも!すぐに私はその人を紹介してくださいとお願いをするのですが、
その人は残念ながら引っ越してしまったと言うのです。

「ほら、そこの家よ。彼女はその石を珍しがってはいたけれど、荷物が多すぎるので置いていく、と言っていたと思う。
1つは次のこの家の持ち主に、もう1つは世話していただいた首長に託すって。」
そう詩人大学のすぐ隣にある家とブルーパレスを指差して、パンテアさんは続けます。

wasure.jpg
私は彼女にお礼を行ってすぐにブルーパレスへと向かいました。
首長の寝室に忍び込み、まず1つ目をゲットします。

2015-06-10_00006.jpg
そして次に、ファイアビアードさんの元へと向かいました。
目的はもちろんあの家の購入です。

お値段はなんと25000ゴールド・・・。
決して安い買い物ではありませんでしたが、所持金は8万ゴールドだったので一括現金払いで家を購入!
鍵を受け取ります。

2015-06-10_00007.jpg
うーん、高いだけあってすごい立派なおうちだなぁ・・・。
でも広すぎるっていうのも私はあんまり好きじゃないのよね・・・。

2015-06-10_00008.jpg
2015-06-10_00009.jpg
2015-06-10_00010.jpg
2015-06-10_00011.jpg
2015-06-10_00012.jpg
おうちの中を見て回る私。
どこか閑散としていて、引っ越した感が漂うおうちでした。

2015-06-10_00013.jpg
石は寝室に置いてありました。
私はほっと胸をなでおろします。
25000ゴールド払ったあげくに何も手に入らなかったら笑えないもん。

石を見つけてほっとしたからか、私は段々ムラムラしてきました。
ま、まぁ、もう私のおうちなんだし、いいよね・・・。
我慢のできなくなった私はたいまつを消して衣服を脱ぎ、ベッドへと横たわります。
今日もいつもどおり指でしようかしら、そう思って横を向いた私の目に飛び込んできたのはポーションの空き瓶でした。
その太いポーション瓶を見てしまった私はなんだかどきどきしてしまい、息も荒く、震えた手つきで、瓶を棚から取り出します。

2015-06-10_00014.jpg
瓶をベットに立て、その先端にあそこをこすり付けます。
少し冷たく、無機質で、とてもいい感じ・・・。
すぐに愛液であそこがびしょびしょになった私は、ゆっくり、ゆっくりと瓶を飲み込むように腰を落としていきます。

2015-06-10_00016.jpg
ふぅぅぅぅぅぅ・・・。そんなうめき声を上げながら、私のおまんこは瓶の半分ほどをくわえ込んでしまいました。

・・・今、私のおまんこには、ポーションの瓶がささってる。
わたしって、なんて変態なんだろう。意識することで、興奮と快感はより強まっていきます。

2015-06-10_00017.jpg
294.gif
我慢ができなくなった私は、徐々に腰を上下へと動かし、涎を垂らしながら惚悦とした表情を浮かべます。
やだ・・・・・・わたし・・・ポーションの瓶と・・・・・・えっちしちゃってる・・・。
おまんことポーションの空き瓶とで奏でたグポグポという卑猥な音が寝室中に響き渡りました。

2015-06-10_00018.jpg
・・・んぅっ!
やがて達した私は、うめき声とともに腰を深く落とし、潮を吹いて体をガクガクと痙攣させます。
長いポーションの瓶が私の子宮口を押し上げ、味わったことのない強い刺激に、私は頭がどうにかなってしまいそうでした。

満足した私は、ベットに横たわり、この日はここで一泊します。

2015-06-10_00019.jpg
map_2015061314001407f.jpg
その翌朝、私はいまだ疼くあそこを気にしつつも、次の目的地をマルカルスへと定めました。
マルカルスにあると言う石を回収してから東へと向かい、もうひとつの石を探す作戦です。

2015-06-10_00020.jpg
お天気はあいにくの曇り。
私はなんだか悶々とした気分のまま道を進みます。

昨日のオナニーのせいなのか、なんだか頭がぼーっとし、あまり思考が働きません。
このままではいけない・・・そう思った私は道の途中でサキュバスの姿へと戻って、すっきりさせようとします。

そう、この思考のにごりは、どうせまた性欲のせいなのだろうと、このときは安易に思い・・・変身してしまったのです。

1.jpg
サキュバスの姿へと戻った私を、まず襲ったのは、強い性欲の波でした。
私はすぐに波へと飲み込まれて自分を見失い、一匹の発情したサキュバスへと変わってしまいます。。

2.jpg
幸か不幸か、すぐ近くにはフォースウォーンの集落がありました。
見張りは二人。

私は片方の見張りを片付けると、もう片方に催眠をかけて行為に及びます。

3.jpg
295.gif
あっ・・・はっ♪
・・・す・・・ご・・・・・。

たまっている性欲のせいなのか、快感はいつもの比ではなく
おちんちんを出し入れされるたびに私は鳴いて、体をビクビクと痙攣させます。

296.gif
快感はどんどん強くなり、わたしはだらしなく涎を垂らしながら鳴きつづけました。

2015-06-13_00025.jpg
ま・・・ずっ・・・・・・!!。

やがて襲ったそれは、よがり狂ったサキュバスが一瞬理性を取り戻すほどのものでした。

どう考えても個人の許容を軽く凌駕しているその快感に、私は恐怖します。
一人の少女が、一匹のサキュバスへと生まれ変わる――まさにその瞬間でした。

297.gif
「あぁっ・・・!!だめっ・・・・・!!うぁあああ!!!!イクイクイクイクゥゥゥーっ!!!!」

2015-06-13_00027.jpg
298.gif
299.gif
・・・・っ!!!!・・・・!!!!






























――あれからどれくらい時が経ったのか分かりません。






























2015-06-13_00028.jpg
きがつくと、私はいまだ、息絶えた獲物のそばでガクガクと体を痙攣させていました。

2015-06-13_00033.jpg
意識がゆっくりと薄れていきます。
でもふしぎなことに、心は澄み渡るようなさっぱりとした気分に包み込まれていました。






























――あぁ・・・。































――ちゃんとリディアちゃんに・・・相談しておけばよかったなぁ・・・。






























こうして私は、1匹の淫魔――サキュバスへと生まれ変わったのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

快楽を得るのに手段を選ばなくなったのがエロいです! もう人間に戻ることはできないのか続きも気になります! 気長に待ってます~

Re: タイトルなし

> 快楽を得るのに手段を選ばなくなったのがエロいです! もう人間に戻ることはできないのか続きも気になります! 気長に待ってます~

こんばんは!
初めは罪悪感があったのに少しずつ自我がサキュバスのものに侵食されて抵抗がなくなっていく・・・
みたいなシチュエーションがとても好きです。
ちょっと最近多忙でまた更新が遅れてしまっていますが、気長にお待ちいただけると幸いです(^^

No title

一人称視点での性行為を、もっと見てみたいです

Re: No title

> 一人称視点での性行為を、もっと見てみたいです

こんにちは!
一人称視点ですか、いいですよね~。
いつもGIF用に動画を録画する際には一人称も試してはいるのですが、
視点が逆になってしまうことが結構あります。

説明がうまくできませんが行為が始まって体の向きが前後逆になったりすると
カメラには反映されていないようで、後頭部からの視点になってしまうのです。

設定で何とかならないこともないと思うので今度ちょっと調べてみますね(^^
プロフィール

Mieko

Author:Mieko
シロディール女学園の生徒。
旅行中にスカイリムの国境を
越えようとしたところで
帝国軍に捕まり彼女の長い旅が
始まります。

詳しい設定や各モードの説明は
「はじめに」のカテゴリより
ご覧いただけます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。